女性の立場になってやり取りを

女性の立場になってやり取りすることで出会いのチャンスが増えます

これまで出会い系サイトに登録している女性を大まかに分類しました。

中には気を付けないといけない女性もいることを理解していただけたでしょうか?
気を付けて女性を選ばないと無駄にお金を使うことになってしまいます。

さて、それでは出会い系サイトで女性と連絡を取り合う時に私が気を付けていることをお話しします。
とにかく「女性の立場になってやり取りを!」です。

私は出会い系サイトを利用して数名の方とお会いしたことがありますが、正直会うまで怖くて仕方ありません。
「怖い男の人が来たらどうしよう」とか考えます。
私がビビりなのもありますが、男の自分ですら会うのに多少とも恐怖を感じるのです。

女性はもっと恐怖を感じていると思います。
メールでのやり取りで優しそうだと思って会ってみたら、乱暴で、強引に・・・なんてことも体験談として見たことがあります。

そんな女性はか弱いうさぎだと思ってやり取りをして下さい。
とにかく優しく。

ただでさえ顔も見えず、声もわからない一度もあったことのない人とサイト上でやり取りする訳です。
いくら写真で顔を出しているといっても、本当に本人の顔かどうかも分かりません。
(これは女性にも言えることですが。)

具体的にサイト上で女性とのやり取りで気を付けることは、

年下の女性であろうと最初は敬語で会話をする

顔を合わせていないとは言え、初対面であることに変わりはありません。
礼儀を持って敬語で話しましょう。
何度か連絡を取っていく中で、自然に敬語がなくなっていたり、お互いに了承の上で敬語は外せます。

相手のプロフィールをよく確認!

一番初めのやり取りは相手のプロフィールに記載してあることからメッセージのやり取りをしましょう。
プロフィールにはどこに住んでいるかや興味、好きなこと等の記載があります。
お互いの共通点や興味のあることについて話題にするといいと思います。
「始めまして!○○です。東京にお住まいなんですね!私も東京の□□に住んでいます。どちらにお住まいなんですか?」
「お酒が好きなんですね!私も大好きです!よかったら話しませんか?」

もう一つは、質問形にして送ることです。
極端な例ですが「こんにちは。」と挨拶文だけ送られても困りませんか?
会話を続けてもらうためにも質問形で文章は送った方がいいでしょう。

連絡先を聞いて断られても責めない

電話番号やメールアドレス、LINEのID等の連絡先は個人情報に近しいものがあります。
前述していますが、直接話しているわけではないのでそれだけ警戒心が高まるのも当然です。
何度かやり取りをしてから申し出るのがいいでしょう。

しかし、こういった出会い系サイトの多くは女性が利用するのにお金がかからないパターンが多いです。

男性はポイントを購入してそれを消費してやり取りをします。
正直、ずっとサイト上でやり取りをするのはきついです。
私は3〜5回くらいやり取りをしたら連絡先を聞いて言います。

断られる方が多いですが聞いてみないと分かりません。
中には教えてくれる女性もいました。

ここで大事なのは教えてくれるようせがんだり、教えてくれないから連絡をやめてしまうことです。
断られた後に女性の気持ちに共感したメッセージを返すと好感が得られると思います。

「まだ会ってもないのに連絡先交換するのは怖いですよね」
「まだ数回しかやり取りしてませんもんね。すみません。」
といったように下手にそして謙虚なやり取りを心がけてください。

女性からしたらきっと気遣ってくれてると思われ好感が得られるはずです。

このページのトップへ