実際に出合えました!!(成功パターン)

私の体験談です。

とある出会い系サイトでは、足跡機能があり、私のプロフィールを見てくれた人がわかる機能がありました。
その中で、プリクラの写真ではありましたが可愛く、しかも同県内に住む3つ年下の女の子でした。

私は思い切って連絡を取りました。
初めてのやり取りは
「足跡有難うございます。めっちゃ可愛いですね!」
といった内容だったと思います。

こういったところで、褒めるのも効果的かもしれません。
すると、先方から
「ありがとうございます!○○さんも笑顔が素敵ですね!」
といった内容の返信が!

これは好感触と思い、しばらくやり取りを続けていました!
その女の子とはラーメンが大好きということや、同県ということもあり、共通認識のある場所等が多く、すぐに親しむことができました。

5日間くらいやり取りをして私はそろそろ直接会ってみたいなぁ・・・と思いました。
しかし、写真を見る限り彼女はかなり可愛いのです。
彼氏がいてもおかしくありません。
彼氏がいないから出会い系サイトに登録していることは分かっていたのですが(真相はわかりませんが)、ここでも先ほど<褒める>ではありませんが、
「△△ちゃんはめっちゃ可愛いし、なんで彼氏いるのに出会い系やってるの?」
とメッセージを送信。

これまでお互いに彼氏・彼女の話はしていません。
しかし、めっちゃ可愛い=彼氏がいると決めつけて、このメッセージを送りました。
単刀直入に「彼氏いるの?」と聞いても、悪くはありませんがこの質問は下心が見え見えに感じます。
すると、
「そんなに褒めても何も出てこないよ(笑)いやいや、彼氏いないし!○○さんこそかっこいいし、彼女いるのに何でやってるの??」
というメッセージ。

これに対し
「いやいや、そんな褒められても全然嬉しくないんだから(笑)彼女いたらこういうのやってないよ!(泣)」
お互いに下心なく、彼氏・彼女がいないことが確認できました。
お互いに交際相手はいない。
いい感じに仲良くなってきている。
もう会う条件は整っています。
ここら辺のやり取りは青春時代のようでキュンキュンして楽しい時期です。

そして、数日後のメッセージ
私:「お願いがあるんだけど、いいかな?」
女:「どうしたの??」
私:「○○ちゃんに会ってみたい!!」
女:「私もそろそろ会ってみたいと思ってた!」
この瞬間の興奮は忘れられません。

会ってもいないけど、相手のことが気になって仕方がなくなります。
好きとは違いますが、メッセージが帰ってこないと不安になるくらいです。
このときは、月額制の出会い系サイトだったので、ポイントを気にすることなくメッセージのやり取りをしていたので、連絡先も会うまでは交換していませんでした。

そして、会う当日。
緊張と興奮です。
青春時代を思い出します。
待ち合わせ場所はJR桜木町駅。
駅に着くと事前に相手に聞いていた服装の女性を探します。
この時が一番緊張したかもしれません。
歩み寄っていくと向こうも気づいたようで、お互いにハニカミながら初めましての挨拶。

その日はご飯を食べて、映画を見て別れました。
別れ際に
私:「また会ってくれる?」
女:「私は会いたいよ!」

この後、数回デートをしてお付き合いさせていただきました。
もちろん、体のお付き合いも。
これが私の実際にあった成功経験です。

このページのトップへ